ショッピングカート マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
神戸珈琲物語 > 10.コーヒー器具 > 10-3.エスプレッソ

エスプレッソとは・・・
エスプレッソマシンの機械で高い圧力をかけてコーヒーを抽出する方法。
自然の浸透圧で抽出するドリップ方式に比べ、濃縮されたコーヒーを抽出できる。
エスプレッソは、近年、世界中で飲まれるようになり、ファッション性も高く
ラテアートなどカフェの看板メニューとして若い層にも人気のある飲み物である。


飲み方
デミタス カップと呼ばれる肉厚で小ぶりな陶製のカップを使い、粉を8g前後使用して1カップ25cc 前後抽出したもの、イタリアでは、たっぷりのグラニュー糖を入れて、2、3口で一気に飲み干す。
飲んだ後のアフターフレーバー(余韻)を約20分程楽しむのが流儀。
飲み方


バール バール
イタリアにはBar(バール)と呼ばれるカフェが存在し、エスプレッソをいただくことができる。
カウンターには、バリスタと呼ばれる熟練のエスプレッソ抽出の職人がいて、注文することができる。
通常、バールのスタイルは立ち飲み式で、着席の場合は価格が2~3倍かかる。
メニューはエスプレッソ、カプチーノ、マッキャートなどオーソドックスなエスプレッソ系メニューがあり
それと伴い、ケーキ・デザートとアルコールメニューなどがある。


おいしいエスプレッソの見分け方
クレマ エスプレッソの表面に浮かぶタイガースキンのような「泡」。グラニュー糖が数秒間のっかる。
アロマ 飲む前に立ち上る香り。甘くふくよかに香りがあれば最高である。
マウス フィール 口に含んだ時に、後味がしっかり深みのあるボディ。
テイスト 飲んだ時に、口の中に広がるフレーバー。すっきりとした中にコクのあるテイストが良い。
アフター テイスト 苦味、アロマ、コク(甘味)のバランスが取れており、後味が20分程度続くのがポイント。


おいしいエスプレッソを出すためのポイント
マシン基本設定
 
メッシュ (グラインダーの粒度ダイヤル調整)
粉量 8g前後
液量 25cc前後の設定
抽出時間 25秒前後

豆の鮮度管理
・焙煎した新鮮なコーヒーを一定の時間と温度でエイジング(保管期間)
・抽出時に最高にコーヒーの旨味成分が抽出できる状態(カッピングして官能を養う)
・保管は、年間通して安定した温度の場所に保管(冷暗所又は冷蔵庫等)する。

オペレーション
・エスプレッソのクレマ・余韻・コクがしっかりと安定して抽出できている事を確認する。
・カップは予め温めて準備する。エスプレッソは、ぬるく成り易いので、提供する直前に抽出する。
 ※時間置きは、厳禁!

マシンメンテナンス
・毎日営業終了後はマシン清掃を行う。

抽出チェック
・抽出口から細く「とろみ」のある抽出ができているか?
・抽出時間が20~25秒で抽出が完了するか?
・抽出したエスプレッソは、厚みのあるクレマが出ているか?
・グラニュー糖が数秒間乗るか?
・スプーンでかき混ぜてもクレマが元に戻るか?
・テイスティングしたエスプレッソが口の中で余韻として20分程度持続性があるか?
エスプレッソ

商品一覧

該当商品はありません

ページトップへ