カート ログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

神戸珈琲オーダーメイド60kg炭火焙煎機

焙煎の技術には、いろいろありますが、炭火焙煎士においては技術が高度であり非常に難度を要します。その中でも神戸珈琲の伝統焙煎のひとつに活躍する田村 崇は語ります。『五感の感覚が焙煎技術の醍醐味である』と。

60k 炭火焙煎機(直火両用型)富士珈機社製

炭火には、遠赤外線効果により、食物の成分、性質を壊さず、芯までじっくりと焼き上げる特性があります。また、炭火特有の風味は、日本文化にふさわしい味の伝承と言えます。この神戸珈琲オリジナル炭火焙煎を使用し、1釜1釜を単品ごとに、必要量に応じて焙煎するように心がけております。

紀州備長炭(和歌山県無形文化財指定)

神戸珈琲では、ウマメガシ(馬目樫)を採用して力強い熱源と安定した炎を確保しております。じっくり焼き上げる遠赤効果は、遠火の強火にて、コーヒー豆を芯まで焼き上げることにより、後味の苦味がキレのある炭火焙煎となります。

画像上:炭火焙煎状態(とびら閉鎖時)
画像下:炭火焙煎状態(とびら全開時 釜内の状態)

おいしさを追い求めて30余年

  1. 厳選素材と品質にこだわって指定農園を現地に向かい契約。
  2. 単品焙煎で手間をかけ、各生産国の味を最大限に引き出させる。
  3. 毎日必要量のみの少量生産にこだわり、鮮度を一定にキープする。
  4. アフターミックス製法で、それぞれ各生産国個性を引き出してブレンドすることにより、味へのバラツキをなくし、個性を引き出す。
  5. 職人気質の焙煎士は、現在3代目。彼の定義が神戸珈琲の味の定義となる。

トップページ

ページトップへ